HOME>特集>会社での心配事があるなら!産業医に話してみる

会社での心配事があるなら!産業医に話してみる

女性

周りには言いづらい悩みなら

毎日の会社勤めで、体調が悪いと業務に差し障りも出てくることがあります。そして、何より自分自身がつらい状態で仕事をするのはとてもきついはずです。会社での心配事がいろいろとあって体調にも関わってくる具体の面たる状況になってしまっていても、周りに言うことが出来ないようなことも多々あります。特に仕事の内容以前に、人間関係の悩みなどは、本来相談したいと考える上司が根本的な原因となっている場合も多いものですから、困りものです。そんな時に、サポートしてくれるのが産業医です。会社でつらい状況にあり、微熱が続いていたり、体の不調を感じていたりするという事であれば、相談をしてみる事がお勧めです。メンタルの不調は、放置していると体に影響が出てくることが多いので、気になった症状があれば早めに話を持ちかけてみましょう。

病院

仕事を続けていけるようにアドバイスをくれる

職場で、悩みがあって体調に影響していることとなれば、仕事をやめてしまいたいという気持ちも出てくるのは誰もが理解するところです。しかし、実際悩み苦しんで会社を辞めてしまったあと、生活を維持して行くというのはとても大変だという事も想像に難くありません。1人で悩んで、体調の悪い体を引きずって会社に通勤するという事が良いとは言えません。できるだけ体や気持ちを楽にして、仕事を続けていけるようにしていく事が必要と言えます。そのために産業医を利用してみる事が大切です。職場環境の影響を加味して休職などの助言をしてくれます。企業と従業員、双方に最適な判断を下してくれるのが産業医なので、きつくて仕事をやめたいと思った際には、まず相談をしてみるように心がけてみましょう。